WOSP BLOG

オーバーウォッチ

このサイトは移転しました。

自動的にリダイレクトします。

【OW】DMでもらったご質問 #3

  

f:id:Strezeman:20181001171730p:plain

 


気に内容が一番詰まっている気がするQ&Aシリーズ。

本記事が間に合わなかったので一回挟みます。

 


前回

 

 

Q.

んなヒーローを使えた方がいいですか?それともある程度絞るべきですか?

 

A.

 ックプールを広めることで柔軟な対応をするのはとても良いことです。それが出来ればレートはめちゃくちゃ上がります。でも残念ながら大半の方がそこまで正しい対処が出来ているわけではなく、ピックを変えて”敵に対応している充実感”で終わっている方が殆どです。正しいピック変更や対処が出来ているのであればある程度満足できる高いレートにいるはずです。

 

 OWを完全に理解して適切なヒーローを出せるようになるより、一つ二つのヒーローの腕を高い水準でプレイ出来るようになるほうが確実に早いです。その中で理解を深めていき、ある程度のレートに達した時には色んなヒーローが使えるようになっているはずです。器用貧乏にならないよういくつかのヒーロースキルを高めながらの理解を目指しましょう。

 

 

Q.

ULTを使うタイミングは必ず味方と合わせるべきでしょうか?

 

A.

 ULTのタイミングはヒーローにもよりますが、基本自分一人で誰かを倒せるのであればどんどん使って良いと思います。どうしても誰かの力を借りなければ突破できない試合展開の場合はドラゴンサージ等の連携プレイを狙います。元々優勢の試合ならドラゴンとサージをガンガン別に使って時間軸に対してのULT数を増やすほうが強いことが多いです。なので、苦しい試合展開の場合は合わせないと味方から苦情が来るかもしれません...

 

 沢山撃たなければどのタイミングなら刺さるのか、刺さらないのかがわかりません。まずはアグレッシブに撃つ意識をもってプレイしましょう。次第にミスが減っていきます。このゲームはトッププロでも一試合通せば大体ミスがあるゲームです。味方に何か言われても全く気にする必要はありません。

 

 

Q.

ロンズ、シルバーから抜けやすいヒーローはいますか?

 

A.

 動力があって単純に火力が高いヒーローが良いと思います。私がオススメしているのはファラ、リーパー、ジャンクラット、ドゥームフィスト、ウィンストン、ホッグ、モイラです。ドゥームとゴリラは少し癖がありますが、他のヒーローは狙われてもそこそこ逃げやすく、とりあえず火力が出せるので選出しました。

 

 ウィンストンを使うなら敵の裏に飛び込み、ヒールを貰わなくても単独で死なないよう意識してください。タンク、特にオフタンクは目的をしっかりと理解していなければただの的になってサポートを振り回してしまいます。ゴールド帯までは火力が多い3DPSのほうが強いのではないかと最近は思っています。

 

 モイラはトップレート帯だと中途半端と言われるヒーローですが、エイムが必要なく、攻撃、ヒール、自衛どれをとっても強いので一定のレートまではいるだけで強いと思います。ダイヤ帯くらいまではトップレートのテンプレをあまり気にしすぎないようプレイしましょう。

 

 

Q.

スティオンが止められません。対処法を教えてください。

 

A.

 スティオンの対策は正面で戦わずに囲んでしまうこと。低いレート帯だとペイロードを早めに止めにかかってしまうせいで負のスパイラルに陥ることが多いです。味方が囲んで有利に戦えるところまで敵のペイロードを止めないようにしましょう。味方とタイミングが合わず人数差が出来てしまった場合は、無闇に攻撃せずに下がって次の機会を待ちましょう。

 

囲めるヒーロー以外の単独でどうにかしたい場合は

 

・オリーサのストップでペイロードから下ろす

・メイのウォールで晒しあげる

・ホッグで隠れて後ろからチラチラ見る、釣る

・ソンブラでハックする

 

などがあります。

 

 意外と盲点なのはこちらもバスティオンを出して敵バスティオンの死角からオリーサの盾を即破壊する作戦。バスティオン構成は対バスティオンに手立てがないことが多いので一度止めるくらいは楽にできると思います。攻撃バスティオンは一度止まってしまうと基本詰むので、躍起にならず冷静に対処しましょう。

 

 

Q.

ポートでレートが上がれる気がしません。どうすれば貢献できますか?

 

A.

 ポートと聞くと味方と一緒に動いてヒールして...となってしまう人が多いのですが、実はサポートの意識も他のヒーローと変わらずあくまで攻撃です。ハルトは攻撃もできて盾も張れる、DPSは攻撃が出来る上に攻撃に特化したアビリティがある、そしてサポートは攻撃もできるしヒールも出来る、というのが正しい捉え方だと思います。

 

 「よくヒールが足りない」という相談を受けますが、"ヒールが沢山必要になるのはなかなか敵が倒せないから"です。敵をあっさり倒せるのであればサポートは二人も必要ありません。サポートが戦いに貢献するには、味方が敵に攻撃するためのサポートをしなければなりません。その為の手段は...

 

・自ら攻撃する

・攻撃する人が死なないようヒールする

・攻撃する人が長く戦えるよう他の人をヒールする

 

この3択だけです。

 

 復しても攻撃に転じるまでに時間がかかる、その後に勝つ未来が見えないヒーローにヒールを回しても無意味です。悪く言えばそのヒーローはヒールする価値を失っています。特に、タンクをヒールするあまりDPSが死んでしまったらダメージを取る人がいなくなって元も子もありません。DPSが死ぬくらいならピンチになったタンクはそのまま囮になってもらい、DPSが快適に戦えるようヒールし続けた方が強いはずなのです。

 

 ゼニ、ルシ、ブリは攻撃特化で一つ目の選択肢が得意なヒーローです。マーシーは攻撃出来ない代わりにDPSのヒールに長けているので二つ目になることが多いでしょう。アナとモイラは三つ目が得意ですが、わりと全て出来るヒーローです。これらを上手く使い分けて味方の「攻撃」をサポートしてあげてください。

 

 モイラもブリギッテ構成やGOATS構成でない限りは黒玉のほうが多くなりますし、ルシオはなんだかんだ攻めてくるルシオのほうが怖いと思います。サポートがヒールしかさせてもらえないような試合は惨敗であることが多いはず。ヒールでマイナスを補うのではなく、味方が攻撃する為に何が必要かを考えましょう。

 

 

まとめ

 

後のサポートのお話はOWの核心に迫る部分です。

ロールに限らず、レートが低いほど不利をとった味方のカバーに行きがちです。

 

敗因は味方のせいだと感じてしまうのはこのあたりが原因。

レートが高い人は味方が不利を取った分、別の場所で有利を取りにいきます。

 

今週中にもう一つ記事を公開予定です。

また覗いてみてください。

 

 

DMでのご質問、いつでもお受けしています。

筆者におやつを送る