WOSP BLOG

秋を待ちわびる

【OW】DMでもらったご質問 #1

 

 

f:id:Strezeman:20180529175410p:plain

 

 

DMで頂いた質問の中で参考になりそうなやり取りをご紹介します。

多少手は加えていますが、ほぼお返ししたままの文面で掲載しています。

 

かなり文字多めなのでモチベと根気がある時にお読みください。

OW講座で書けなかった部分の補完になると思います。

 

 

Q.

前線に立つようなタンクを持つのが苦手です。

どのようなことに注意をすべきかを教えてください。

 

A.

 線を支えるということはハルト、ザリアあたりでしょうか。ハルトの基本としてはまず簡単に裏に回られてしまわないこと。正面火力が負けていたり、敵が裏を回ってきているようであればその分引きます。もし敵の裏どりと正面の戦うタイミングが同時になってしまう場合は、そのタイミングをずらす為に正面か裏のどちらかに進行してフォーカスします。挟まれている時にずっと受け身では常に劣勢になってしまうので注意しましょう。

 

 もう一つやってはいけないのが自分だけで前線を支えようとすることです。ラインハルトはそれに特化したヒーローなので他のヒーローよりは前線を受け持ちますが、決して常に最前線に居座るヒーローではありません。私の感覚では全体の3~5割程度で、残りの5割は二列目や中盤にいることが多いです。戦いが本格化してからは戦闘は味方に任せて一番後ろなんてことも珍しくありません。体力は回復できても盾は回復できないということも忘れないよう、受けるダメージのバランスを考えましょう。

 

 くまで味方がダメージを快適に出せるようにタンクは存在しています。よく見かける悪い例は、ハンマーを振り回して「ラインハルトがダメージを出すために味方が戦う」シーンです。ハルトを保護する為の戦いが始まってしまうと大方負けてしまいます。それが許されるのはハルトがチームの誰よりも火力を出せるときだけです。

 

 メインタンク、サブタンク共に敵タンクを見るのではなく敵DPSをよく見てください。味方DPSと敵DPSが何を狙っているかをしっかり見ることで押すか引くかが決まってきます。タンクの敵はタンクではないということを覚えておきましょう。盾を必要以上に減らしたり、ダメージを受けながらハンマーを振りに行ったり、無理なチャージを入れるとサポートがついてきます。その分ヒーラーを奪われた味方DPSは大胆な動きができなくなるので注意しましょう。

 

 

Q.

ニヤッタの仕事は何でしょうか。

自分は盾割りに参加している時が多いのですがこれは正解なのでしょうか?

 

A.

 ニヤッタの仕事は正面へのダメージと漏れている敵の撃退です。敵が単独ではみ出ていた場合は攻撃して優位なポジションを取らせないようにします。先に自ら高台を取り、ヒットスキャンのように敵に一手間かけさせると面倒なヒーローです。個人的にはトレーサーの裏どりを見るのもゼニヤッタだと思っていますが、互いのスキル次第なので微妙なところ。そういったはみ出た敵がいない場合は正面火力や盾割りに参加します。

 

 注意したいのは敵の波に飲まれないこと。味方が押し込まれていても、ゼニヤッタは一歩引いた状態から攻撃し続けていたいです。味方とゼニヤッタが一緒に逃げている状態は逆転の見込みがなく非常に弱い。ペイロードのゴール付近、アサルトBの攻めではゼニヤッタは簡単に拠点まで攻め込まないようにしましょう。

 

 ームが厳しい場合は敵に突撃したり、裏の攻撃的な位置を取ることもあります。正面から攻撃していてもグループに勝てる見込みがなく、DPSも封殺されている場合は真っ先に犠牲になりにいきます。ヒール量では劣勢を巻き返せないヒーローなので、ルシオゼニヤッタ、モイラにはこういった動きがなければレートには響かないでしょう。

 

 単純に刺さっていなかったり、自衛ができなければ素直にヒール量の多いヒーローに変えても良いと思います。敵にゲンジがいるから、ザリアハンゾーがいるから光彩が必要で変えられない、といった話もよく聞きますが、まずはULT以外の戦いを優勢にすべきです。トップレート帯でない限りは、ゲンジ相手にモイラを起用するのは悪くないと思います。

 

 

Q.

DPSでの防衛の仕方がわかりません。

敵の裏を取るか正面で戦うかいつも迷います。

 

A.

 ずはフォーカスを受けない意識をしてください。味方タンクやサポートは、味方のDPSが一方的に攻撃できるよう立ち回ろうとしています。勝手にDPSがフォーカスされると、タンクはフォーカスを貰う為に戦ってしまいます。DPSが狙われているところをタンクで攻撃するのではなく、タンクが狙われているところをDPSが攻撃するのが理想の形です。

 

 裏どりをすべきかどうかは場面次第です。正面火力で勝ててしまえばベストですが、構成を見たらなんとなく正面で勝てるかどうかはわかると思います。厳しそうな場合は裏を取るように隠れて、敵が進撃したら裏を崩しにかかります。裏取りは現環境だと全てのDPSで行えます。特にブリギッテは裏からの高い火力に弱いので、しっかり広がって火力を出せるように準備しましょう。(こちらがブリギッテ構成の場合を除く)

 

 取りを行う場合は戦い続けないこと。いわゆる崩しを行うと敵のフォーカスは一度そのDPSに向きます。敵が崩れているからといってそこで戦い続けてしまうと警戒が厳しくなり、DPSの操作もどんどん難しくなってきます。敵を崩したらまずは安全を確保し、敵のフォーカスを味方に移します。その後チャンスが回ってきたときにまた攻撃を始めれば楽に立ち回ることができると思います。

 

 

Q.

自分のプレイを見返すとき、どこを見ていますか?

プレイを録画をしてもどこを反省していいかわかりません。

 

A.

 闘開始時のポジションです。最初のポジションでいかに優位に立てるかがオーバーウォッチの肝とも言えます。最初に楽が出来れば操作の難易度が減り、視野が広がり、味方のサポートも最小限に抑えられるでしょう。逆に不利を取ってしまった場合は操作の難易度が大幅に上がってしまいます。

 

 他人のプレイ動画を見てもそこまですごいと思えないことってありませんか?本当に自分より高いレートなのかと思うようなプレイもあったりするでしょう。確かにそのポジションからスタートさせてもらえるのであれば十分動けるのだと思います。でもレートが低い人はそもそもそこにいないのが現実です。

 

 れくらい最初のポジショニングが大事になってきます。高いレベルだと戦いが始まる前のポジショニングの駆け引きに時間を費やします。逆に低いレベルの戦いを見ると優位なポジションを簡単に取らせてしまい、拠点で全員が戦っているケースが多いです。OWLでもすぐ拠点を取るのは殆どが敵に拠点を踏ませる為です。優位を取らないまま拠点まで進んでしまうと負けることが多いと思います。

 

 ”ここにいれば試合が楽に運べた”、”敵に見られるべきじゃなかった”、”もっと引いた視点なら敵を見落とさずに済んだ”、”優位な位置を簡単に譲ってしまった”etc...あたりを注意深く見ましょう。特に一番最初の当たり合いはULT差に響きます。敵がULTを持っている状態で拠点を取り返す技術はまた別物になってくるので、一番最初の当たり合いは大事にしましょう。

 

 

Q.

ールはタンク優先ですか?DPS優先ですか?

 

A.

 れは他でもよく見かける質問ですが、私ははっきりDPS優先と答えています。DPSがダメージを貰いフォーカスを受けてしまうと、味方タンクがフォーカスを貰う為に戦闘を始めます。味方DPSにぴったりサポートがついていると敵はなかなかそのDPSをフォーカスすることが出来ません。そのサポートを引きはがす為に敵はタンクやサポートを狙ってくるのです。

 

 極端な話、タンクは味方DPSにフォーカスがいかない為のクッションみたいなものなので、しっかりタンクがフォーカスを受けているのであればヒールの優先度は低いです。DPSやもう一人のサポートが攻撃されていればそこを優先します。DPSが快適に攻撃できているのであれば、その時間を長くするためにタンクをヒールすることがあるだけです。

 

 タンクを助けるためにサポートが離れてしまった結果、味方DPSが狙われ消極的になってしまうと元も子もありません。ハルトが一方的にハンマーを振り回せるなど、DPSよりタンクのほうがダメージを出せそうであればその時だけタンクを優先してあげてください。

 

 

DMはいつでも受け付けています。気軽にお声掛けください。

 

 

関連記事