Strezemanのブログ

わすぷとげーむとおんがくと

【OW講座#3】フォーカスとは

f:id:Strezeman:20171030184046p:plain

 

 

三回はフォーカスについてです。

 

全員がなんとなく意味はわかっていると思います。

迷うのはどういったときに、誰を狙うべきなのかということ。

 

フォーカスへのこだわりがチームを崩壊に繋げる可能性があります。

正しく理解していきましょう。

 

※PC閲覧推奨

 

 

フォーカスを合わせる

 

くまでもないと思いますが念のため。

 

フォーカスとは焦点という意味です。

OWでは、敵の一人を集中的に狙ったり追いかけることをいいます。

 

ヒーラーがいるゲームなので、単独で一人を攻撃してもなかなか倒せません。

味方とフォーカスを合わせることで、短時間で敵を倒すことが可能になります。

 

 

フォーカスは戦いの中で作る

 

ームが機能していないとき、フォーカスを合わせようといいますよね。

 

劣勢の時にフォーカスしやすい敵がノコノコ歩いているとは限りません。

最初から”マーシーを狙おう”と決めるのも、良いとは言えないでしょう。

 

なぜなら、苦戦時はマーシーにまで攻撃が届かない確率が高いからです。

前線がマーシーを意識していると、後衛がついていけず崩壊してしまいます。

 

まずは、戦いの中でフォーカス出来る敵を作るのがチームの目的となります。

 

 

してフォーカスは合わせられる人が合わせるのが鉄則です。

遅いヒーローは速いヒーローの動きについていけません。

 

遅い味方がフォーカスできる状況を作るのが速いヒーローの仕事です。

速いヒーローはその分、遠距離のDPSが低いことが多いと思います。

 

単独で倒せないときは、味方ヒーローの力が必要。

ということは、味方の射線に入っている敵をフォーカスする必要があるでしょう。

 

 

フォーカスを作るには

 

初から一人を追いかけてチームが機能するなら、苦戦していません。

苦しいのは自分はフォーカスしているのに、周りが崩れているときでしょう。

 

なので、先陣を切るヒーローに必要なのはいきなりフォーカスしないこと。

劣勢のときこそ、フォーカスは後方の味方に決めさせてあげてください。

 

これで勝てるなら良いが...

f:id:Strezeman:20171113001341j:plain

 

一回の講座で、いきなり本気で戦わないようにと話したと思います

それが丸々フォーカスの作り方になります。

 

色んな敵に攻撃することによって、味方にフォーカスを決めてもらいます。

どいつを狙う?誰が狙えそう?と味方に問いかけるような感じです。

 

倒しきれそうな敵が見つかれば、当然味方は狙ってくれます。

 

そこに自分もフォーカスしにいく。※1

もしくは、味方がその敵をフォーカス出来るよう戦うかです。※2

 

これがかなり重要な部分なので図解します。

 

 

※1 自分もフォーカスしにいく図

f:id:Strezeman:20171112234553j:plain

 

※2 味方にフォーカスを任せ、足止めする図 

f:id:Strezeman:20171112233740j:plain

 

 

後衛に必要なこと

 

に後衛に必要な意識です。

この後衛はサポートだけでなく、ヒットスキャンやFLEXも含みます。

 

後衛に必要なことも色んな敵に攻撃することです。

ですが、先陣を切るヒーローとは少しだけ目的が違います。

 

フォーカスを定める基準は、敵のポジショニングと残りHPですよね。

 

OWの仕様上、自分が攻撃を当てた敵のライフバーしか見えません

一人の敵を狙い続けると、フォーカスすべき敵を見逃してしまいます。

 

よっぽど短時間で倒せそうな敵がいない限り追わないこと。

先陣を切った味方が作ったチャンスを見逃さないよう意識しましょう。

 

これも念のため図解。

 

NG 

f:id:Strezeman:20171112235725j:plain

 

GOOD

f:id:Strezeman:20171113000131j:plain

 

 

キャリーとは

 

く耳にするキャリーという言葉があります。

1人の力で良い方向に運ぶこと、チームを勝ちに導くことです。

 

おそらく、DPS単独で倒して無双することをイメージしてる方が多いはず。

確かにハンゾーやウィドウを使う場合はそういったこともあるでしょう。

 

でも、実際は味方とフォーカスを合わ(さ)せる技術のことを指します。

 

極端な話、このゲームは単独で敵を倒す技術は必要ありません。

それよりも、味方の前にいかに弱った敵を用意できるかです。

 

味方の見える位置にダメージを与えた敵を用意し、フォーカスしてもらう。

その間は敵を足止めして味方が死ぬリスクを下げる、の繰り返し。

 

自分でチャンス(フォーカス)を作って、自分で足止めする。

倒しきるときは瞬殺、時間がかかりそうなら優位を作って味方に任せる。

 

そうすれば「いつの間にか味方が死んでいる」が無くなります。

これが巷で言うOWのキャリーになります。

 

サポート以外なら可能な技術です。

エイムを磨くよりも簡単に、チームの戦いやすさを上昇させることができます。

 

いきなり再現するのは難しいですが、明確にイメージしてみてください。

まずはチームが戦いやすくなる状況を作る感覚を覚えましょう。

 

 

まとめ

 

線の場合は味方へのわかりやすさ。

後衛の場合はチャンスを見逃さない力が重要です。

 

ヒーロー選択は味方が崩壊する前にチャンスが作れること。

もしくは味方が作ったチャンスに間に合う選択を意識しましょう。 

 

 

【OW講座シリーズ】

 

#0 オーバーウォッチ

#1 戦闘の始め方

#2 中盤の戦い方

#3 フォーカスとは

#4 拠点の守り方 (11/18 更新予定)

#5 サポートの在り方

 

DMでのご質問、いつでもお受けしています。

プレイ動画を貼り付けて頂ければ具体的な解説もできるかと思います。