WOSP BLOG

むしろ寒い

FPSは囲碁である!?

 

f:id:Strezeman:20171106180505j:plain

 

分で言うのもなんですが、囲碁が得意です。

私のFPSの原点は碁にあります。

 

FPSを強くなりたければ囲碁を覚えるべき」

 

過去、チームのメンバーには口酸っぱく言ってきました。

今回はその理由を説明します。

 

 

囲碁とは?

 

碁がどういったゲームかご存じでしょうか。

ジャンプで連載していた「ヒカルの碁」でなんとなく知ってる方も多いはず。

 

簡単に言えば、互いの陣地を広げ合うゲームです。

いかに自分の石が囲っている目が多いかを競います。 

 

昔は軍略囲碁というものがあり、戦略を練るために使われていました。

 

FPSゲームの要素はこれに非常に近いものがあります。

現存するFPSの大半は決してエイムの良さや反射神経を競うゲームではありません。

 

囲碁のように、いかに陣地を広く取り優位に戦えるかの勝負なのです。

 

 

囲碁ルール解説リンク

 

注: 軍略囲碁のルールは将棋に近いが、FPSのような箱庭ゲームは現代囲碁に近い

 

 

あらかじめ、が何より大事

 

「布石を打つ」という言葉は聞いたことがあると思います。

 

これは元々囲碁の用語で、序盤に全体の局面を見据えて石を打つこと。

日常では、あらかじめ手段を講じておくという意味になります。

 

※駄目、先手必勝、一目置く 等も囲碁用語

 

FPSにおいてもこの”布石”が大きく戦況に影響します。

取られたくない高台は先に取っておく、薄いところはカバーに行く。

 

おそらく皆さんもそういった意識でプレイしていると思います。

今回はこれをオーバーウォッチに交えて説明していきます。

 

試合を変える一手

 

f:id:Strezeman:20171105232526p:plain

 

ういった布石があったとします。

白は左に広く展開し、黒は狭いものの右端を確実に取ろうとしています。

 

f:id:Strezeman:20171105232544p:plain

  

んな感じに陣地を取ろうとしていることがわかると思います。

このままだと白に比べて黒が少し狭いように感じますよね。

 

この段階はオーバーウォッチで例えると攻守時の布陣です。

どう攻めようかな、どう守ろうかなと伺っているところ。

 

さて、黒はこのままだと右辺に流され動きづらくなっていきます。

次の一手で、この試合の展開を変えなければなりません。

 

悪い例から見てみましょう。

(囲碁的にじゃなく、OW的にとお考えください)

 

f:id:Strezeman:20171105235005p:plain

 

でに自分の陣地に打ってしまいました。

陣地は堅くなりましたが、戦況は何も変えることができません。

 

白の手番なのでさらに陣地を広げられてしまいます。

次の白は無理することなく、優雅に左を厚くすることが出来ます。

 

これ以上左辺が白に染まると、黒は陣地を広げるのが難しくなります。

敵の陣地が盤石になる前に、一石を投じておきたいですよね。

 

では次のような手ならどうでしょうか。

 

 

f:id:Strezeman:20171105235539p:plain

 

の陣地の中、左下の白石にかかっていきました。

一見無謀に思えますが、少し白と離れた簡単には取れない一手です。

 

この一手による状況変化はこちらです。

 

f:id:Strezeman:20171105235926p:plain

 

の一手だけでこれだけ戦況が変わりました。

黒く囲んだ部分が、味方が自由に動ける範囲です。

 

もちろん次は白番なのでこのままというわけにはいきません。

 

ですが、この侵入してきた黒に対して白は何らかの対処が必要になります。

入ってきたこの黒を狙うのか、もしくは他の黒の陣地を狙いに行くのか。

 

白にとって非常に考えさせられる一手となります。

 

 

 

OWに置き換えてみる

 

f:id:Strezeman:20171105235539p:plain


ィンストンやDIVAが最初に飛び込む場所はまさにこの一手です。

一見倒せそうだけど手数がないと取れそうにない。

 

もしくは倒せたとしても時間がかかってしまう。

その間に別の場所に有利を取られてしまうから狙うわけにもいかない。

 

タンクの仕事はダメージを出すことではなく味方が動ける範囲を増やすこと。

この一手を打つことで敵の狙いが分断され、立ち回りに迷いが生まれます。

 

その迷いが味方が戦いを始めるきっかけとなりえるのです。

 

 

 

の形から

 

f:id:Strezeman:20171106015606p:plain

 

ウィンストン(黒)が飛び込んできて

 

f:id:Strezeman:20171106015644p:plain

 

そのウィンストンにフォーカスする人が現れ

 

f:id:Strezeman:20171106015447p:plain

 

その隙に左上で孤立している白をフォーカスする

 

f:id:Strezeman:20171106015511p:plain

 

その白にもカバーがつき

 

f:id:Strezeman:20171106020008p:plain

 

黒にもカバーがつく

 

f:id:Strezeman:20171106020258p:plain

 

そして白は孤立している右上を狙う...

 

f:id:Strezeman:20171106020347p:plain

 

最終イメージ

 

f:id:Strezeman:20171106021408p:plain

 

んとなくこんなイメージ。

実際は動ける上に交互でもないので、腕の差があれば開く一方です。

 

次の黒は右上を助けに行きたいですよね。

最初に飛びかかった左下のウィンストンが右上に移動したらどうでしょうか。

 

左下の白二人は置き去りになって人数差が生まれるはずです。

黒は人数有利を作ってから左下の白を狙いに行けばよいのです。

 

 

の戦いの起点は間違いなく左下の黒石でした。

一人でも簡単には取られない、まさに戦いを作る為のダイブです。

 

OWではマスター帯でも敵に飛びつくウィンストンが多く見受けられます。

敵の石にぴったりつくように打つようなダイブの仕方です。

 

そこで一人でしばらく生きられるなら構いません。

でも敵に近ければ近いほどヒールが必要になるはずです。

 

自分がヒールをもらうということはDPSにヒールがいきません。

もし味方にファラがいたらファラは同時には戦いづらくなります。

 

 

戦場を俯瞰で見る

 

のように戦いを俯瞰で見る能力がFPSにおいて何よりも重要です。

 

味方の位置、キルログ等の情報から敵がどこにいるかが容易に推測できます。

そして何より自分が何をすれば味方が戦いやすいかが明白になります。

 

敵を欺いたり、撃ちあいが得意なFPSプレイヤーは大勢います。

でも味方にとってのベストを選択できるプレイヤーは多くありません。

 

自分がどのタイプかを考えてみる機会になれば嬉しいです。

 

 

ゲームタイトル別

 

ーバーウォッチを例に説明しましたが、他FPSやMOBA系も同じです。

囲碁の盤面のように俯瞰視点から戦いを判断できる方が上達は早いです。

 

ただ、その要素がどこまで必要なのかがタイトルによって違います。

基本的にスポーツ系FPSと呼ばれるタイトルのほうがその要素が強いです。

 

リアル系FPSに該当するゲームはリコイル制御や1vs1の強さの比重が高くなります。

どちら寄りかを私の主観でタイトルを並べてみました。

 

 

[ スポーツ系 ]

Overwatch

-------------------------------------
Quake シリーズ

未来型Call of Duty シリーズ

-------------------------------------

-------------------------------------

旧戦型Call of Dutyシリーズ

Fortnite

PUBG

Battlefield シリーズ

Alliance of Valiant Arms

CounterStrikeシリーズ

[ リアル系]

 

 

必要ないタイトルもある

 

アル系に寄るほど囲碁要素の部分を推し量ることができません。

一定のレベル以上は必要ない、という表現が正しいかもしれません。

 

よくAVAやCSGOではトップクラスなのにOWでは...と相談を頂きます。

それは元々囲碁要素を用いてFPSをプレイしていない、というのが私の見解です。

 

OWの特にDPSでTOP500になろうと思ったら全ての要素が必要です。

囲碁要素、判断スピード、立体的なエイム、1vs1の駆け引きすべてが試されます。

 

 

してOWのほうが深みがあるという話ではありません。

それぞれのゲームにまた違った深みがあるはずです。

 

野球では短距離がそこまで早くなくても打力があればプロになれます。

一方サッカーでは腕力はなくても一定の走力がないとキーパー以外は厳しいでしょう。

 

得意なゲームをやるか、あえて不得意な方に挑戦してみるか。

もしくは得意なゲームの中で囲碁要素を取り入れさらに上を目指すか。

 

そもそもそんなこと考えてゲームしませんよね。

 

 

まとめ

 

棋を知っている人はいても囲碁を知る若者はごく少数。

FPSの上達の一番の近道と主張しても誰も始めてくれず寂しい限りです。

 

FPS囲碁、両方得意な人は全員が「関係している」と言います。

 

敵の位置や狙いが手に取るようにわかるようになりますよ。

 

 

ロの対局解説を聞くだけでもMOBAやFPSと通ずるものがあります。

興味のある方は、ルールや解説だけでも見てもらえたらと思います。

 

ちなみに今回の布石は、三年前の井山裕太 vs 一力遼のNHK囲碁杯のものです。

 

www.youtube.com

 

井山さん、名人位を取り戻し七冠に返り咲きましたね。

一力遼は20歳の若さですでにトップ棋士に数えられるスーパールーキーです。

 

関連記事