WOSP BLOG

むしろ寒い

【OW講座#1】戦闘の始め方

 

f:id:Strezeman:20171030184034p:plain

 

 

OW講座その1は戦闘の始め方です。

 

戦闘を行う上での土台、基礎となります。

ここで間違えると序盤から不利になるので正しく理解しておきましょう。

 

もしここで「違ってたな」と思った人は急激に伸びるかもしれません。

それほど大事な項目です。

 

※PC閲覧推奨

 

 

 

OWにおける戦闘の基本

 

OWの基本はDPS対DPSです。

そこに互いのタンクとヒーラーが介入することで勝敗が左右します。

 

タンクがクッションとなり、DPSがダメージを取る。

サポートはそれらが上手く機能するよう立ち回ります。

 

役職が分かれているように見えて実はキルを取るのは誰でも構いません。

完全分業制のアメフトよりもサッカーに近いゲームです。

 

この考え方が私のOW講座の土台となります。

 

 

ヒーローが当たる順

 

闘が始まればめまぐるしいゲームですが、意外と開戦の種類はありません。

基本的な流れは以下のようになります。

 

  (DPS) メインタンク サブタンク, DPSメインタンク, サブタンク, DPS

 

青色は戦場を作るための様子見やフォーカスを探り合う時間。

ここで布石を打ち合うことで、おおまかな戦いの流れが決まります。

 

赤色は本格的な戦闘です。

オーバーウォッチにおいて実質的な戦闘はこの部分のみです。

 

緑色は締めくくりになります。

タンクヒーローの全般は最後のトドメに向いています。

 

今回は青色部分、戦いに大きく関わる序盤を解説していきます。

 

 

それぞれの仕事

 

(DPS)

 

初に当たるDPSは味方タンクを前線に持って行く為に戦います。

この役割がなくてもタンクが進める場合もあるので()としました。

 

フランカーというくくりではなく、正面からの火力もここに入ります。

ダメージレースに勝てていれば十分タンクが上がるきっかけになりえます。

 

正面のダメージレースをするか、裏を取るかは臨機応変に判断しましょう。

ソルジャーでも正面が厳しいと判断すれば裏(横)に回ります。

 

まず味方タンクが前に進めるようにしてあげてください。

 

 

のタイミングでは相当なチャンスがない限り倒しに行きません。

ここでDPSが死んでしまうと勝機が無くなってしまいます。

 

必死に戦うとそれを見かねた味方が無理にでも前進してきます。

本格的な戦闘開始の合図はタンクにさせてあげましょう。

 

 

(DPS)の図解

 

を押します、敵を本気で倒しに行かないでください。

あくまでタンクが上がれるまでのフランクということを自覚しましょう。

 

まずはNGから。 

 

フランカーNG

f:id:Strezeman:20171101191735j:plain

 

のようにトレーサーやゲンジでいきなり敵の近くに行くのはNG。

立ち回りが難しい上に、味方がそれに合わせて進んでしまいます。

 

もし自分が大丈夫だと思っていても味方がどう思うか。

カバーに飛んだウィンストンが即死したらそれはフランカーの責任です。

 

フランカー理想

f:id:Strezeman:20171101192852j:plain

 

ちらの戦い方が理想です。

 

トレーサー、ゲンジもこれくらい余裕を持ちましょう。

ソルジャー(リーパー)の裏取り、横の高台取りも敵に近づかないことがコツです。

 

これなら味方が各自のタイミングで攻め上がることが可能です。

 

存在を気づかせたり、ちょっかいをかけて逃げるを繰り返す。

そうすれば敵グループは同じ形ではいられなくなります。

 

それを見た味方が、”行ける!”と思ったタイミングで進みます。

フランカーはこの味方の進撃に合わせて初めて本攻撃と移ります。

 

操作の難易度もNGと比べたらグッと下がるはずです。

 

 

メインタンク

 

DPSがきっかけを作ったら次はメインタンクの出番です。

ここでは誰かを倒すというより戦場を作る意識をしてください。

 

前線には上がりますが、まだ攻撃が目的ではありません。

タンクの仕事は味方DPSが快適に戦う為のクッションになることです。

 

ここでは戦場作りの為、ヒールの優先度も高くなります。

ハルトは盾をある程度温存しながら前線へと進みましょう。

 

ウィンストンは着地から次のジャンプまで生きていられるようにしてください。

 

 

 メインタンクの図解

 

ずはNGから。

 

メインタンクNG

f:id:Strezeman:20171101193427j:plain

 

ループ先頭から大きく飛び込む(チャージ)のはリスクが大きいです。

 

味方DPSが火力を出す前に一瞬で死んでしまうでしょう。

サポートもメインタンクの保護に追われて戦闘どころではありません。

 

前進する、尚且ダメージを最小限に抑える。

一見矛盾しているように思われますが、これを両立するのが理想。

 

メインタンクに余裕があればこの後に味方DPSが戦う時間が延びます。 

 

メインタンク理想

f:id:Strezeman:20171101193959j:plain

 

本的な形はこちら。

 

味方がすぐに駆けつけてくれるタイミングで進行します。

敵陣地についたときに味方の到着が早いほどチームが強くなります。

  

チャージやダイブは味方の後衛(4)との絡みを意識すると丁度良いと思います。

ヒーラーが置いてけぼりにならず、サブタンクが合わせやすいはずです。

 

 

方がついてこない場合はタイミングの合ったチャンスを作れていません。

目に見える明らかなチャンスを用意すれば味方は必ず来てくれます。

 

下の図のように、敵の裏までチャージ or 飛んでしまうのも戦略の一つです。

フォーカスをもらうことで敵を後ろから集中砲火してもらいます。 

 

ウィンストンの飛び込みも展開によってはこちらの形になるはず。

ハルトの場合はフランカーがおらず、どうしても正面が苦しいときに有効です。

 

これも味方の位置をしっかり確認して絡む意識をしましょう。 

 

メインタンクが裏まで行く構図

f:id:Strezeman:20171101201303j:plain

 

 

序盤でほぼ勝敗が決まる

 

わゆるDPSやタンクでのキャリーはここですでに差をつけています。

 

序盤で相手を崩し、味方にとって戦いやすい戦場を作っています。

ここで優勢を取ってしまえばあとは味方に任せていても大体勝てます。

 

すなわち、序盤の青色部分がうまければ必然的に勝率が上がります。

赤色の戦闘部分で差をつけても展開はさほど変わりません。

 

解した二つのNGは~ダイヤ帯にかけて多く見かける光景です。

最初から本気で戦うDPS、味方を置き去りにするタンク、非常に多いです。

 

自分がそういったプレイをしていないか、しっかりと見直しましょう。

 

 

まとめ

 

んとなくイメージが出来たでしょうか。

序盤のDPS、メインタンクどちらも共通することは死なないことです。

 

単独で3秒以内に倒せない場合は追いかけないのを基本にしてください。

キルに拘らなければ試合全体を見渡す余裕が生まれるはずです。

 

まずは敵の形を崩すことを優先し、味方にとって戦いやすい戦場を作りましょう。

 

 

【OW講座シリーズ】

 

#0 オーバーウォッチ

#1 戦闘の始め方

#2 中盤の戦い方

#3 フォーカスとは

#4 拠点の守り方 

#5 サポートの在り方

#6 上級編 

#7 あとがき

 

DMでのご質問、いつでもお受けしています。

プレイ動画を貼り付けて頂ければ具体的な解説もできるかと思います。

(動画をつける際は、Youtube等にアップロード済みのものをお願いします)

 

 

関連記事