わすぷさんのブログ

わすぷとげーむとおんがくと

オーバーウォッチ Q&A

 

 

f:id:Strezeman:20170809180555j:plain

 

 

 

今回は、TwitterのDMやオフ会などで頂いた質問を紹介していきます。

いつでも受け付けてますので、気軽に声かけてください。

 

※質問文は一部要約しています。

 

 

 

戦略編

 

 

Q.

コントロールマップで拠点で、粘ったり、諦めたりするタイミングがわかりません。

 

A.

基本的に拠点が取れている場合はパーセンテージを稼ぐ為に粘ります。

ウィンストン、ルシオのULTもほぼ迷わず使用で良いと思います。

 

逆に拠点が取られた際、人数差が大きい場合は諦めて立て直す形になります。

拠点を取られていて一人ルシオが粘ったりすると、反撃が遅くなってしまいます。

 

わからない間はすぐに諦めるより粘ってみてください。

ひっくり返せたり、ULTを吐かせられるか否かが徐々にわかってくるかと思います。

 

 

 

Q.

ヒーラーで最初に死んでしまい怒られます。どうすれば死なないようになりますか?

 

A.

現環境では、敵ゴリラやDPSから簡単に見えない位置取りを意識しています。

ゼニ、アナなら極力ルシオから離れないよう意識するのも大事ですね。

 

よく、「ヒーラーは絶対に一番に死んではいけない」というのを耳にします。

確かに即死はいけませんが、普通はヒーラーから死んでいくものです。

 

DPSやタンクがヒール以上のダメージを受けて先に死んでしまうほうが問題です。

負けるときはヒーラーが狙われて死ぬほうが健全と思って良いと思います。

 

 

 

Q.

ゲンジでいくら前を倒しても後ろが死んで勝てません。

 

A.

ゲンジの場合、局所的にダメージを取ってスペースと優位を作ります。

後ろが崩壊するのであれば、全体にダメージを取れるヒーローに変えましょう。

 

ソルジャー、トレーサー、ファラで敵全体にダメージが入るとチームが整います。

リーパーも劣勢だとダメージが局所的で味方とタイミングが合わない場面が多いです。 

 

もしソルマクでダメージが間に合わない、味方が全く前に進めない場合。

ダメージに即効性のあるジャンクラット、ウィドウ(ハンゾー)も視野に入れます。

 

 

 

Q.

ウィンストンが上手くなりません。何かコツはありますか?

 

A.

不用意にダメージとフォーカスを貰わないことがコツだと思います。

グループが負けない限りはHPが半分(250)を切ることはありません。

 

クリティカルになればフォーカスを受けますし、味方ヒーラーの負担になります。

常に最低でも200くらいのHPは確保しておくように立ち回りましょう。

 

ウィンストンの最初の目的はチームが戦える状況を作ってあげること。 

飛び込んだ後は隠れたり、逃げ回るだけで十分仕事になることもあります。

 

 

 

Q.

ゼニヤッタとアナの使い分けと判断基準を教えてください。

 

A.

KING’S ROWやDORADOのような一本道はアナが多いです。

タンクの逃げ道が少なく、味方を押し上げる為のヒール量が必要になります。

 

また、一本道はウィンストンに飛び込まれた際のリスクが少ないです。

あちらからすれば、散らばらない、阻害を受ける、逃げ道もないの3拍子。

 

アタックで敵に盾が少なく、射線が通るならゼニで良いと思います。

タンクがすぐ落ちて、攻撃に粘り気がない場合はアナに変えます。

 

 

 

 

仕様編

 

 

Q.

一番レートの上がりやすいヒーローはなんですか?

 

A.

そもそも、勝たないと上がらないので一番勝てるヒーローが良いと思います。

現在はヒーロー別の相対評価なので、上手く使えるキャラなら下がり幅も少ないです。

 

バグ的な話ならマーシーが上がりやすいようです。

ダメージブーストを多めに、リザレクトを派手にすればだそうですが。

 

ヒーローを絞って沢山やればそこまで勝率がなくとも上がります。

少ないプレイ時間なら、チームが勝てるピックを柔軟にするのがベストです。 

 

 

 

Q.

Overbuffの数値は重要ですか?

 

A.

Overbuffの数値はレートを考慮されていません。

同じレート帯での比較が出来ないのであまり気にしなくて良いと思います。

 

ダイヤ帯までは量より質を磨きましょう。

マスター帯からはその質に量が必要になってくるイメージです。

 

また、グランドマスター帯はコントロールやアサルトの粘りが長かったりします。

そこで平均のダメージやヒール量、またはデス数が増えたりもします。

 

プラチナ帯でプロと比較してどうこうというのは無意味です。

あくまで参考に、酷い数値があれば意識するくらいに留めましょう。

 

 

 

 Q.

認定マッチに参照されるのは前シーズンの最終レート?最高レート?

 

 A.

正しくはわかりませんが、最高レートな気がします。

最高レートから500程引かれて、そこから認定の内容で上下するイメージです。

 

極端な例は見たことないので、知ってる方がいたら教えてください。

(最高4000から放置無しで3000フィニッシュの認定結果など)

 

 

 

 

Q.

ハンゾーやジャンクラット、ウィドウで上がっていくにはどうすれば良いですか。

 

A.

このゲームの理解度が低いと難しいと思います。

十分なポテンシャルを持ちながら、トロールと呼ばれるのには理由があります。

 

そして、彼らは練習しても他ヒーローがあまり上達しません。

元々持っている尖った性能頼みの立ち回りになってしまうからです。

 

これらに絞るのは他ヒーローでマスターを踏んでからをお勧めします。

 

ただ、腕があればこれほど強くててっとり早いヒーローはいません。

サブ垢等でゴールドからマスターまで最速で上げるなら率先してピックします。

 

 

 

個人編

 

Q.

プレイ開始時期と一日の練習時間はどのくらいですか?

 

A.

プレイ開始は2016年末で、少し遅めになります。

 

プレイ時間は週に3回ほど、長くても2時間です。

ゲームを長い時間やり込むのは苦手です。

 

ただ、自分のプレイは録画して全て見返します。

録画に失敗していたら、プレイした意味すらないと思っています。

 

 

 

Q.

FPSの経験はありましたか?やはりオーバーウォッチに関係ありますか?

 

A.

しばらくCoD4のPromodをやっていました。

コンシューマを含めるとFPS経験はかなり長くなります。

 

関係ないとは言い難いですね。

操作やエイムには困らないので、経験があるほうが有利なのは間違いありません。

 

でもマスターまではロールの理解と押し引きだけで行けると思います。

それ以上は敵の意図を逆手に取るようなFPS的な技術が必要になります。

 

  

 

Q.

配信や動画UPの予定はありますか?

 

A.

配信は何度か試みてるのですが、操作の遅延が出てしまいます。

PCスペックは十分なのですが、原因不明なので多分やりません。

 

動画は知人に見せたりはしていますが、公開予定はありません。

納得のいくものがあれば出していくかもしれません。