Strezemanのブログ

わすぷとげーむとおんがくと

許すまじ、ファラ対策法

 

f:id:Strezeman:20170529184848j:plain

 

 

 

「Plz Focus Fara....」

 

「ファラ狙えよカスソル」

 

 

度は目にしたことがあるチャットだと思います。

チームのイライラは絶頂に達し、そのまま負けてしまうことも少なくないでしょう。

 

ファラを落としたくないソルジャーはいません。

そもそも単体で落とされてくれるファラなら問題になっていません。

 

では、どうすればファラを倒すことができるのでしょうか。

 

 

 

ファラの対策方法

 

ァラの対策は、"ファラ以外を全力で狙いに行く"ことです。

 

うまいファラはグループ同士がぶつかり合ってから前に出て撃ってきます。

ここでDPSがファラに集中してしまうとグループが当たり負けてしまいます。

 

 

”グループが当たり負ける ⇒ 端においやられる ⇒ ソルもファラを狙えなくなる”

 

 

この負の連鎖が、味方ソルジャーへの不満を生みます。

当然この状態では誰もファラを落とすことができません。

 

こうならない為にも、まずはファラ以外の敵を脅かしましょう

ソルジャーやマクリーも、最初はしっかりグループに当たってください。

 

ファラを蚊帳の外に、グループを押し上げればファラは出て来ます。

そこをグループからさっと離れて撃ち落とすのが対策法になります。

 

 

 

 

ロール別のファラ対策

 

"DPS"は先ほどの通り、いきなりファラだけを狙いに行くのはNG。

まずはグループが負けないようしっかり盾割りや敵にダメージを取る。

 

ここでファラが邪魔になるようなら、1,2発当てて軽く引かせる。

ファラへのトドメに夢中になって、いつの間にかグループが崩壊しないように。

 

グループが優勢ならそのままファラを無視して押し込んでも構いません。

ダメージレースで負けそうなら、一度グループから離れてファラを狙いましょう。

 

 

"タンク"はしっかりと前線を上げることが一番のファラ対策。

ファラを気にかけつつも、しっかり敵陣まで進んで味方が動ける範囲を増やす。

 

たまに見かけるのが、「DPSがファラを倒してから進もう」です。

これが一番の悪循環の原因なので、注意するようにしてください。

 

タンクが陣地を広げなければ、味方は戦いの土俵にも立つことが出来ません。

ヒーラーと距離を取れるくらいは前に進みましょう。

 

 

サポート”にもしっかりと仕事があります。

 

アナであれば、まず一度ファラを警戒しましょう。

いきなり味方にヒールが必要ということもないと思います。

 

一発当てるだけでもファラは高く飛びづらくなります。

ファラを躊躇わせたその1~2秒がグループの勝敗を左右します。

 

ゼニヤッタであれば、ファラが厄介な位置に来たときに不和をつけます。

飛べばつける、降りれば他につけるを繰り返していきましょう。

 

ルシオはスピードを若干多めに回します。

じっくり押し上げているとダメージが増えていくので、素早くタンクを運びましょう。

 

マーシーはULT以外での明確な対策法はありません。

ULTが刺さらない状況であれば、ピックの変更も視野に入れましょう。

 

 

そらく、厄介なファラ対策にルシオは必須だと思います。

ゼニ、アナで落とせるファラなら良いのですが...

 

 ヒールはあくまで味方が前を向く為の手段の一つです。

ファラが止まらない原因がヒーラーなんてことも十分ありえます。

 

 

 

敵がファラマーシーの場合

 

ァラを倒すにはまずマーシーを倒して、それからファラを...

こんなことしてたらとっくにグループは潰されてしまいます。

 

ファラにマーシーがついているということは、残り敵グループは4人。

それをルシオのスピードを使って6人でひねり潰しに行くほうが有意義ですよね。

 

そしてダイブ構成ならしっかり散らばって、各々が対策をする。

中途半端なグループアップはファラの餌食になりやすいです。

 

ファラは連射力に乏しく、着弾にも時間がかかります。

あとはスピード勝負、これさえ理解していればやることは明白です。  

 

 

 

総括

  

ァラに一方的にやられる場合、大体はチームに問題があります。

空を見上げるソルジャー、前に進まないタンク、ヒールしかしないサポーター。

 

一人一人が対策法を見直す必要があるでしょう。

 

DIVAで時間を稼いだり、ウィドウを出す、といった対策法もあります。

どちらも直接的ですが、この二つのロールに自信がなければお勧めはしません。

 

カウンターとしてこちらもファラを出すというのもありですね。

 

野良の場合は意識の共有が難しいので、VCや行動で示しましょう。

自分のロールで出来ることをこなせば、勝率は必ず上がります。

 

それでも勝てない場合は敵のファラを褒めて、次の戦いに臨みましょう。

 

 

 

次回記事

 

 関連記事