WOSP BLOG

わすぷと、ゲームと、音楽と

オーバーウォッチの"コツ" (応用編)

  

f:id:Strezeman:20170418023319j:plain

 

 

年の3月末にブログ移転後早くもPV数が1万を超えました。

見てくれた方、RTしてくださった皆様、本当にありがとうございます。

 

 

 

 

 

  • ライフゲージを見ながら戦う

 

いの渦中では必ずライフゲージを見るようにしてください。

敵のライフゲージよりも自分のライフゲージのほうが大切です。

 

上手い人ほど引く判断が早く、余裕をもって帰ってきます。

ダメージ量を計算し、予め回復パケやヒーラーに意識を置いています。

 

0.1秒の判断が生死を分けます。

その生死が十分に勝敗を分けるゲームです。

 

モニタの距離が近すぎる人は、ゲージが見れていない可能性があります。

しっかりGUIが見れて、尚且つ細かなエイムもできるモニタ位置を探してください。

 

 

  • アビリティは先に使う

 

ULTの次に強いヒーローの技はアビリティです。

アビリティには基本、インターバル(クールタイム)があります。

 

グループがぶつかるとき、基本的にはアビリティを先に使いましょう。

もちろんヒーローにもよりますが、攻撃系統は回転を早くしたいです。


 

[ソルジャー]

 

× ライフル ⇒ ライフル ⇒ ロケット ⇒ 回復 ⇒ ライフル ⇒ ライフル

 

回復 ⇒ ロケット ⇒  ライフル ⇒ ライフル ⇒ ロケット ⇒ 回復

 

[アナ]

 

×  ライフル ⇒ ライフル ⇒ ダーツ ⇒ 瓶 ⇒ ライフル ⇒ ライフル

 

 ダーツ ⇒ 瓶 ⇒ ライフル ⇒ ライフル ⇒ 瓶 ⇒ ダーツ

 


例が極端ではありますが、"必要なら"先に使っておく感じです。

 

グループがぶつかる前に少しでも優位を取っておきます。

すると、次に使いたいタイミングでまた使えるようになっているはずです。

 

タイミングを計るのも大事ですが、50%当たるなら使いましょう。

「ガンガン使うぞ」ってところを敵に見せてください。

 

 

  • アビリティのクールタイムと立ち回り

 

ビリティの回転数を上げる為の立ち回りが出来ているかです。

これはオーバーウォッチの上手さに直結します。

 

ライフゲージと同じく、常にクールタイムの終わりを意識してください。

そして、クールタイムの終わりには使用したい場面にいてください。

 

クールタイムの間、自分のアビリティが有効な戦いにもっていきます。

結果、アビリティの回転数が上がり相手にとって厄介な存在になります。

 

戦闘中にアビリティが残っている場面が多い方は立ち回りを見直しましょう。

残さないといけないケースもあるので、そこは臨機応変に。

 

----------

上3つの項目の簡単な動画を作りました。

わかりやすい素材がなかったので、今回はアナのみです。

 

 

チープ過ぎてさっぱりだったらごめんなさい。

粘ってはいますが、反省点も多いですね。 

 

 

  • ULTは敵より先に使う

 

ULTもガンガン使っていきましょう。

考えすぎると先に撃たれてしまいます。

 

ミスを恐れずに使っていれば刺さるタイミングも掴めてくると思います。

 

ULTは出来るだけ敵より先に。

カウンターのULTはそう上手くはいかないことが多いです。

ルシオゼニヤッタマーシーを除く)

 

2、3人死んだ後にULTを使って無駄にしている光景、よく見ますよね。

それを敵に強いることができればまた次のULTが溜まっていきます。

 

アビリティもULTも、回転数の高いチームが勝つようになっています。

 

 

  • チームの回転を意識する

 

ほどの回転とは意味が違います。

戦いが始まってグループが動く時に、味方が上から見て右回りか左回りかです。

 

ピンと来ない方もいるかもしれませんが、上手い人は必ず意識しています。

 

この回転がバラバラだとうまく敵の攻撃をいなすことが出来ません。

防衛やコントロールですぐ分断されたり、当たり負けてしまいます。

 

説明するのは難しいので上手い人のプレイを観察してみてください。

柔らかく受けることを覚えれば、一気にステップアップできます。

 

 

 新連載!

 

 

関連記事