Strezemanのゲームブログ

わすぷとしゅとれーぜまん

Overwatch レート別の印象と脱出方法 (後編)

 

f:id:Strezeman:20170322160950p:plain

 

 

編の続きです。

まだ前編を読んでいない方はコチラ。

 

 

 

 

  • ダイヤモンド(3000~3499)

 

人技、連携を全員が卒なくこなせるレート帯です。

列からはみ出た行動は、即戦犯になりうることでしょう。

 

このランクをキープするには安定感が必要です。

苦手なロールは積極的に克服していかないと痛い目を見ます。

 

キープができるようになれば、次は長所を伸ばしましょう。

ここを抜け出すには、"武器"を持たなければいけません。

 

  • 特定ヒーローのスペシャリスト
  • 相手の弱点を突く柔軟なピック
  • 味方に前を向かせるようなサポート力

 

この中から一つでも秀でていればマスターに届きます。 

ヒーローを絞って練習し、器用貧乏にはならないようにしましょう。

 

 

 

  • マスター(3500~3999)

 

こからは戦いがガラリと変わります。

FPSゲームを得意とした人が多くいるランク帯になると思います。

 

全員が何かしらの"武器"を持っています。

希望するピックじゃなくともスキル水準が高いのも特徴です。

 

いち早くピックを変えてくるため、戦いの中での変化が大きい。

これまでよりも柔軟な対応と、正しいピックの変更を求められます。

 

ULTはほぼ防ぎようのない連携を見せてきます。

抜け出すには、ULT以外の部分で少しずつ差をつけましょう。

 

かにうまく流れに乗るか、そしていかに戦い方を間違えないかです。

マスターとグランドマスターの違いはそこの正確さにあります。

 

マスターに限りませんが、レートが上がらないということは何かが違います。

自分の考え方一つ一つに疑いを持ってみましょう。

 

 

 

 

当の魔境。

トールビョーンや半蔵、ソンブラがびっくりするくらい強いです。

 

このレート帯はどこか自由を感じさせます。

OWというゲームの大きな規律を守りながら、各々が自由に動いている印象。

 

立ち位置は離れていても、戻り方を知っている。

そしてお互いが当たり前のように連携が取れている。

 

ンプレを創造しているのもこのランク帯の人たちでしょう。

 

相手はそのテンプレを理解し尽くして上がってきた人たちです。 

ここからは安定を取るだけでは刈り取られてしまいます。

 

常に最悪を考えて立ち回り、僅かな綻びを見つけて打開します。

ここから脱出する方法は、、私にはわかりません。

 

トップ500は別世界。

あのビリビリマークつけてみたいですね。

 

 

  • 後編まとめ

 

後は抽象的になってしまいました。

 

本当に個人のスキルが必要なのはマスターからだと思っています。

コツを掴んで、上手いこと運べばエイムがさほどなくとも上がれるゲームです。

 

今回はレート別の印象がメインだったので、だいぶ薄い内容になってしまいました。

次はその"コツの掴み方"について突っ込んだ記事を書こうと思います。

 

もし質問等ありましたらTwitterの方へどうぞ。(フォロー外DM可)

たまにしか呟きませんが、よければフォローしてみてください。